SSブログ

迷走する「弁当」万博 [news&topics]

この際、「弁当」万博と呼びたい「愛・地球博(愛知万博)」。

中日新聞、社説でぶち切れています。↓
「あきれてものが言えぬとは、このことだ」と。読み応えあり。
http://www.chunichi.co.jp/00/sha/20050401/col_____sha_____000.shtml

地元紙の役割として、中日新聞は弁当持ち込み禁止措置に早くから警鐘を鳴らしていた。内覧会での混乱を受けて、さらに紙面で問題点を指摘していた。非常識だとも斬った。新聞だけではない。実際に来場者ら国民の声として多くの苦情がコールセンターに殺到していた。しかし、博覧会協会は一切動かなかった。小泉首相に言われる前までは。

舞台にもプレヴューというものがある。関係者らを招き、正式な公演に向けて問題点を洗い出すのである。開幕後の来場者――楽しみにして観に来る人々が満足するよう、万全を期すためである。

愛知万博は内覧会に1日何万人も招いた。そして、数々の問題が露呈した。報道機関もこぞって改善すべき点を指摘した。開幕までに改善する時間はあったはずである。少なくとも、耳を傾ける機会は山ほどあったはずだ。それとも、そんな声は聞こえなかったとでも言うのか。果たして、何のための内覧会だったのだろうか。

「来場者」不在の後手後手の対応は、弁当問題だけで終わらせてほしいものである。でも、終わらないだろうなー。


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(3) 
共通テーマ:ニュース

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。