So-net無料ブログ作成

ギロチンハウス [雑感]

新入社員の皆さんは、そろそろ会社に慣れたころでしょうか。
本日は、企業を舞台にしたミステリ小説を紹介。

ギロチンハウス: 課長 榊江梨子の逆襲
『ギロチンハウス 課長 榊江梨子の逆襲』

著者は『相棒 劇場版IV』『杉原千畝』など映画やテレビのノベライズ作品も数多く手がける作家・大石直紀氏。
日本推理作家協会賞の短編部門受賞後、著者が初めて書き下ろした痛快リベンジ・ミステリ小説だそうです。

ギロチンハウス。それはリストラ候補社員が送り込まれる“追い出し部屋”。
そこに配属されたリストラ秒読みの社員たちが、会社の闇を暴くストーリーです。

リストラ社員たちの群像劇が展開されます。
いやー、こんな部屋に送られたら、私だったら速攻で辞めちゃうなー(笑)。

でも、この小説はきっと、そんな風には思えない人々、行動できない人々へのエールを込めて書かれていると思います。

組織とは理不尽なもの。
それに耐えていくのは、とても大変と思います。
そんなストレスを抱える現代人がこの小説を読み終わると、スカッとするのではないでしょうか。
ミステリ小説なので、先の展開が気になり、一気に読めちゃうと思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。