So-net無料ブログ作成

魂のドラム [音楽]

ジャマイア・ウィリアムス。

この名前は今後も聞くことになるだろうと思いました。

ケニー・ギャレットのライヴ@東京ブルーノート初日。

ケニー・ギャレットは置いておいて……。

何がすごかったかというと、ドラムのジャマイア・ウィリアムス。
(行った人にはわかると思いますが、いろいろな意味で)。

魂のドラム、と私は表現したいと思います。
ライヴの後、友人が「ジーザス」とあだ名を付けていましたが(笑)、
そんな感じです。私たちの間ではジーザスという名になっています。

一発目の音から、笑っているのか泣いているのか、苦しいのか嬉しいのか、分からない表情でドラムを叩きます。いや、そうした感情が一度に爆発していると言いますか……。

1曲目は25分間も続き、いやー熱かった!
ケニー・ギャレットは言うまでもなく、安定した素晴らしい演奏。
ピアノのベニート・ゴンザレスも表情が豊かで、ドラムと対になって目が離せない存在でした。

ジャマイア・ウィリアムス、調べてみると20歳か21歳ぐらいとのこと。
えっ、あの歳であんな演奏をするの?と驚きです。

ドラムのソロのときにケニー・ギャレットがずっと心配そうに見守っているのが印象的でした。ケニーは数年前にも20歳ぐらいのドラムを起用していたのですが、このドラムも印象に残る演奏をしていました。ケニーはこういう若き才能をどこから見つけてくるのだろう?

ケニー・ギャレットはですねー、マイルスみたくなっていました(笑)。
ステージにはキーボードが2台置いてあって、おかしいなーと思っていたら、ケニー・ギャレットがシンセで和音を弾いたりしているのです。思わず「シンセはいいから、サックスを吹いておくれ!」と心の中でツッコミを入れていました。

定番の曲、「ハッピー・ピープル」ではエフェクターを駆使していました。
まだまだ進化中です、ケニー。
(でも、個人的にはあまりそっちの方向に走ってほしくないなあ……)。

ライブは約1時間半。MCなしで突っ走ります。
あの濃いライヴを1晩で2回とは脱帽です。

東京では7日が最終日です。行こうかどうか迷っている人は行っておいたほうがよいでしょう。あのドラムとケニーの掛け合いはしびれますよ。

(↓過去の関連日記です)
「グラミー賞ノミネート」(07年2月2日付)
http://blog.so-net.ne.jp/bounds/2007-02-02

「ケニー・ギャレット@ブルーノート東京」(06年12月15日)
http://blog.so-net.ne.jp/bounds/2006-12-15


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

まき

ジーザス!!! サイコー!!!
しょっぱなから、なんだか「サクリファイス」みたいな表情でドラムを叩きまくっていましたネ。
文字通り、息を飲む演奏とはあのこと。

はるちーさんのお陰でいいもの魅せてもらいました。ありがとー♪♪♪
(またライブにレッツ・ゴー!)
by まき (2007-02-07 09:57) 

はるちー

>まきさま
ホント、命をもっていかれそうでしたよね、ジーザス。
「サクリファイス」という表現がピッタリです!
寿命を削ってドラムを叩いているような……。
ジャズのドラムとか、そんなのを超越していました。
このドラム、やはり「すごいのがいた!」と話題になっているようです。
ライブ、また行きましょうね!(映画も行きたいなー)。
by はるちー (2007-02-08 02:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。