SSブログ

東欧ヴィジョン・ソング・コンテスト? [news&topics]

いやー、ヘルシンキで今日(日本時間)開催された今年の「ユーロヴィジョン・ソング・コンテスト」の結果についてイギリスが荒れています(笑)。←ビリから2番目です。

BBCの掲示板をぱっと見てみると、
「これじゃ、東欧ヴィジョン・ソング・コンテストだぜ」
「イギリスには隣人も友人もいない」
「どうせ、嫌われているわよ」
「東欧の人々はイギリスに来て仕事や経済的支援を欲しがっているようにみえるのに、歌のコンテストではイギリスには協力しようとしない」
「もう(コンテストに)お金を出して運営を支えることはしなくてよい」
「政治的すぎる」
などなど、愚痴がたくさん。

BBCのレポーターもラジオのニュース番組でこう報告していました。
「はっきりと言える、東欧ナイトだった」

政治的な背景などが反映されるのはいつものことですが……。

点数は視聴者が自国以外の国に投票。それを各国が投票数に応じて1~12点をそれぞれ計12か国に振り分ける仕組みです。つまり、一番投票者が多い国代表には12点入ります。仲がよい国同士で点数をあげ合ったりも……。それを参加国全部で集計して順位を決めます。
ちなみに、イラク戦争に突入した2003年、イギリスが獲得した点数は「0」でした。

優勝はセルビア(268点)。
セルビア・モンテネグロという国でしたが、2006年にモンテネグロが独立。つまり今年のコンテストにはセルビアとして初出場、初優勝です。

下馬評で優勝候補ナンバーワンだったウクライナは2位(235点)。
(ドラッグ・クイーンというけれど、私には「クレア・オトムズ」(アリー・マクビールに出てくるキャラ)が歌って踊っているように見える……)。

イギリスは本選に進んだ24か国中、23位(19点)。
ビリの24位はアイルランド(5点)。

私が非常に気になったのが↑この2つの国。
集計発表が半ばまできてもイギリスだけはずーーっと、0点のまま。

このままどこの国からも点数が入らないかも、と思っていたら、なんとアイルランドから7点入ったのです。その後、マルタが最高点の12点を入れて、最終的に19点。なんと、42か国のなかからアイルランドとマルタの2か国しかイギリスに投票しなかったのです。

でもね、最下位のアイルランドに、イギリスからは1点も入らなかったのです。
うーん。もめなければいいけれど(笑)。

まあ、でもイギリスの代表の曲も……。
(4人グループで飛行機のキャビン・クルーの格好で歌って踊る曲)。
うーん、私は聞いた瞬間、ちびまる子ちゃんの歌「ぴーひゃら、ぴーひゃら、ぱっぱぱらぱ~」を思い出したぞ。

とにもかくにも、ある意味、ヨーロッパ、EUの現状を浮き彫りにしたような大会でした。

さて以下が今年の結果です。左の数字が順位、右の数字が点数です。
PLACING Country POINTS
1 Serbia 268
2 Ukraine 235
3 Russia 207
4 Turkey 163
5 Bulgaria 157
6 Belarus 145
7 Greece 139
8 Armenia 138
9 Hungary 128
10 Moldova 109
11 Bosnia & Herzegovina 106
12 Georgia 97
13 Romania 84
14 Macedonia 73
15 Slovenia 66
16 Latvia 54
17 Finland 53
18 Sweden 51
19 Germany 49
20 Spain 43
21 Lithuania 28
22 France 19
23 United Kingdom 19
24 Ireland 5