So-net無料ブログ作成

祝!日本人3氏にノーベル賞 [news&topics]

なにかと暗いニュースばかりのなか、
日本人3氏がノーベル物理学賞を受賞したニュースはうれしかったですよね~。

南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏の皆さん、おめでとうございます。
(理論は難しすぎて、私にはさっぱりわかりませんが……)。

とりわけ会見映像での、益川氏のキャラが最高(笑)。

おちゃめといいますか、研究者らしい照れ隠しもいい味を出していました。

益川氏、会見では受賞の喜びを聞かれて、
「いや、大してうれしくない」とクール?に答えていましたが、

その前後では、
アインシュタインを真似した、舌を出してのポーズをとって写真撮影にこたえたり、
バンザイをしながら、(こんなふうに)「うれしー、なんてやらない」と言ってみたり。
楽しそうな方でした。

英語が大嫌いで、パスポートも持っておらず、海外旅行にも行ったことがない、
朝8時2分に家を出て大学に出勤する、お風呂は夜9時36分に入る……などエピソードもたくさんあるらしい。

そんな益川氏ですが、先ほど朝7時台のNHK朝ニュースの生中継で、南部氏との同時受賞について感極まって真っ赤になって泣いていらっしゃいました。

言葉にならないほど、本当にうれしかったのでしょうね。感動的なシーンでした。

その南部氏の名前でふと思い出したのが、
ブルーバックスという講談社が発行している本のシリーズ。

中学生のころ、ブルーバックスのオリジナルのブックカバーを持っている人は知性があるように見られると言っていた数学教師がいました(笑)。

難しいテーマを扱った本で、本の紙カバーの角についている券を10枚集めて講談社に送るともれなくオリジナルのブックカバーがもらえたのです。つまり、このブックカバーを持っていればブルーバックスを10冊読んだという証しになるということらしい。

昔はそれほど本の種類も少なく、どれも難しいテーマだったような気がします。
そのなかの1冊に南部氏が書いた「クォーク 素粒子物理の最前線」という1冊がありました。

もちろん、私はそんな難解な本に手を出すわけがなく……(笑)。

結局、ブルーバックスは1、2冊買って、それっきりです。

もちろん、そのブックカバーを入手することはありませんでした……。
10冊は無理(苦笑)。
タグ:ノーベル賞
nice!(2)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 2

コメント 4

snorita

研究者にとっては、仕事が報われるってのはこういうことなんでしょうねえ。
うちのボスなんかも、もらってもいい仕事した人ですけど、いつくるかなあ。。。鞄持ちで行きたいわ〜と勝手に妄想してます。(連れてってくれないと思うけどね)

ブルーバックスの話、いいですねえ、それ持ってると知性があるように見える....か〜。
私も殆どよんだことないですけどね。
日本もサイエンスにもっともっと力を入れないと、資源のない国なんだから、勝負できないよ、と思ってしまいます。
by snorita (2008-10-08 08:56) 

chicory

久々に明るいニュースですねー。
しかし自分も理系はまったくダメだったのに、自分のことを棚に上げまくっちゃいますが、日本はもうちょっと理系の教育を考え直した方がいい気がしますねー。
ブルーバックス、あるのは知ってましたが、ぜーんぜん手が伸びませんでした。でもこれからのお子さんたちには読んで欲しいなぁ(また棚上げ発言)。
by chicory (2008-10-09 00:50) 

はるちー

>snoritaさま
受賞の会見では皆さん、コメントの一つひとつがすべて研究者らしくて感動しました。自分の喜びよりも、一緒に受賞した人への喜びを強調されていたのも素敵でした。研究者ってかっこいいっ!
snoritaさんのボスってひょっとしてあの方……!? それとも外国の方? いずれにしましても、鞄持ちでお供をして行ってくださーい。楽しみにしています。
ブルーバックスの話ですが、思い出してみると、その教師、ブックカバーを持っている自分の知性を生徒に自慢したかったのかも?という気がしないでもない(笑)。でも、こういう本を生徒に紹介する先生というのは貴重ですよね。今でも憶えているくらいですから。南部氏のこの本、問い合わせが殺到し、2万部の緊急増刷が決まったというニュースを昨夜知りました。こういう本を読みたいという人が多いのは日本のいいところだなーと思います。
by はるちー (2008-10-09 08:22) 

はるちー

>chicoryさま
本当に、明るいニュースで盛り上がりましたよね~。
私は相当な理系オンチですが、とにかくうれしいっ(笑)。
今はどのような教育が現場で行われているのかよく知りませんが、学校関係者に聞くと、理系とか文系とか以前に、昔よりも授業時間がかなり少なくなっていているそうです。私が子供のころは、割と理系の教育が充実していました。夏休みの自由研究は科学や化学など理科系でなければいけないという不文律があったような……。とはいえ、私のような理系オンチはどんな環境にあっても理系は×(笑)。小学校から「ニュートン」を定期購読していましたが、イラストを見てすごいなーと思う程度で今に至ります。
ブルーバックスは昔、テーマが難解なものばかりでしたが、最近はもっと幅広く、ハードルの低いテーマの本も多いようです。子供たちにはこういう本をもっと読んでほしいですよね~(私も棚上げ発言です……笑)。
by はるちー (2008-10-09 08:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。