SSブログ

デリカテッセン [映画]


デリカテッセン <デジタルニューマスター版>昨日のブログ日記を書いているときに、
突然思い出した映画です(おいおい)。

『デリカテッセン』
(監督 ジャン=ピエール・ジュネ&マルク・キャロ)

学生のころ銀座で観た映画です。
あのころは映画をよく見に行ったなあ~。

コーエン兄弟の『バートン・フィンク』もこの頃だったと思う。
どちらも独特の世界観とシュールな映像であふれる作品でした。
瞬間的な「映像」や色調が今も記憶に残っています。

監督のジャン=ピエール・ジュネはこの作品から約10年後にあの『アメリ』を撮っています。若い人にはアメリの監督と言ったほうがわかりやすいかな。

でも、私には「デリカテッセンのジュネ」のほうがしっくりくる(笑)。彼の鬼才ぶりは長編映画デビュー作の『デリカテッセン』ですでに確立されていると思います。

↓ちなみに、こちらが『バートン・フィンク』
バートン・フィンク







【追記】
『デリカテッセン』、廉価版DVDが9月に発売されるようです。

デリカテッセン (ユニバーサル・セレクション第3弾) 【初回生産限定】


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(2) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 2

ミホ

ミートホープ事件から、デリカテッセンを連想するなんて、
シュールというか、なんというか・・・。思わず笑っちゃいました。
わたしも学生時代に見ましたが、ちょうど単館系の走りという時期だったような記憶があります。映画の内容も、衝撃的でしたね。
DVDになるのかぁ~。今見ると、違う印象を受けるのかなぁ。
by ミホ (2007-06-24 23:31) 

はるちー

>ミホさま
ミートホープ事件、「牛肉コロッケ」のDNA鑑定で牛肉も豚肉も検出されなかった商品もあったそうです(←えええ~っ!?)。いったい何の肉が入っているのか……怖すぎです(笑)。
デリカテッセン、当時は衝撃でしたよね~。
映画館の密室感で気分的に息苦しさも味わいながら。映画館で観るべき映画ですよね。確かに、いまテレビでDVDで観ると違う印象を受けるかも。
by はるちー (2007-06-25 07:58) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。