SSブログ

となりのウイントン [読書]

となりのウイントン整形外科医であり(マイルス・デイヴィスやブルーノート創始者アルフレッド・ライオンの来日時の主治医でもあった!)、日本を代表するジャズ評論家、音楽ジャーナリストでもある小川 隆夫氏が昨年出版した1冊です。

『となりのウイントン』

意外にも初エッセイ集だそうです。
ジャズに詳しくない人でも楽しんで読めると思います。

「ウイントン」とは、ウイントン・マルサリスのこと。
(小川氏の留学時代に隣に住んでいたのです。なので、となりのウイントン)。

アマゾンの紹介ページより。↓
内容(「BOOK」データベースより) 「ジャズ好きが高じてマンハッタンに留学してしまった青年外科医。そんな若き著者と親交を結んだミュージシャンたちのエピソードの数々。ときに笑わせ、ときに胸打つ、待望の初エッセイ集。 」

このミュージシャンたちというのが、これまたすごい人たちばかりなのです(この本には載っていないものの、ほかにも本当にすごいエピソードを持ちすぎの方です)。

小川氏にはもっともっとエッセイを書いてほしいです(願)。

そうそう、これもおすすめです。
愛しのジャズメン『愛しのジャズメン』

こちらは今春に出版された1冊。
もちろん小川氏にしか書けないエピソード満載。

この『愛しのジャズメン』の「第2集」が夏~秋ごろに出版されるそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。