SSブログ

今宵の1枚 [音楽]


Twentysomething [Expanded]

「Twentysomething」 Jamie Cullum

休日の深夜にまったり聞くのに最適。


今、一番ライブに行ってみたいジャズ・シンガー/ピアニストです。
来日しないかなー。
そろそろ日本で単独公演してもいいと思うのだけれど。

アルバム「Twentysomething」では、自作曲のほか、
往年のスタンダードナンバーから、ジミヘン、レディオヘッドまでと多彩。
「Singin' In The Rain」(雨に唄えば)、
マイ・フェア・レディの「I Could Have Danced All Night」
などのアレンジも素敵です。キュートです。クールです。
ピアノが独学とは信じられません。

4曲目の「Twentysomething」は、ジェイミーの自作曲。
大学は出たけれども何をしていいのか分からない。旅をするのもいいかも。恋に落ちるのもいいかも。起きたくないから寝かせておいて。放っておいてよ、僕は20代そこらなんだから……という曲です。誤解を恐れずに例えて言えば、ニートの心境をjazzyに歌い、演奏したものです。それが、妙にシブい。これはある意味、危険な曲です(笑)。

ところで。彼のライブ、すごいらしいです。
ピアノを立って弾いたり、足で弾いたり。
飛び跳ねてシャウトしたり。
CDジャケットではピアノの上を跳んでいます(笑)。
ライブを観た誰もがファンになってしまうそうです。

でも、キワモノでは決してありません。
才能あふれる25、6歳の青年です。
このアルバムも90%がワン・テイクだとか。
10代半ばからジャズ・クラブを渡り歩き、デビュー前に1000以上のステージをこなしている実力派。

最近、特に気に入っているのが「I Get A Kick Out Of You」。
コール・ポーターのカヴァーです。
 ♪I get no kick from champagne~♪


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0