SSブログ

異能の元外交官を読む [読書]

2冊併せて読みたい本。

「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」(新潮社)
佐藤 優 (著)

国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて






「日露外交」(角川書店)
斎藤 勉 (著)

日露外交






「日露外交」は2年くらい前に友人にあげてしまったので、もう一度買って読もうと思う。

ソ連崩壊前後の歴史的転換期に、ともにモスクワで「夜討ち・朝駆け」を続けていた2人の著書である。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

今朝の1枚より最近の悩み ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。